荻原賞・家森賞

 高血圧関連疾患モデル学会学術総会で発表された研究の中から、優れた成果を発表した

 若手研究者に対し、その将来の発展を期待する意味で賞を授与する。
 国際・国内同時開催時は日本人に限らず外国人も対象にする。
 受賞者:原則として各1名 (荻原賞・家森賞を隔年で授賞)
 対象条件:40歳以下(学会開催年度の3月31日時点で)
 過去に賞を受賞した者であっても年度が違えば他方の賞の受賞可。
 副賞:10万円

 過去の受賞者は→ Click


永井賞

 高血圧関連疾患モデル学会学術総会で発表された研究の中から、優れた成果を発表した

 若手研究者に対し、その将来の発展を期待する意味で賞を授与する。
 国際・国内同時開催時は日本人に限らず外国人も対象にする。

 受賞者:原則として1名(永井賞・中尾賞を隔年で授賞)
 副賞:10万円
 対象条件:システムバイオロジー領域で優れた業績を有する45歳以下(学会開催年度の3月31日時点で) の研究者。

 応募書類:ファイルをダウンロードして下さい→永井賞応募書類(DOCファイル)

 過去の受賞者は→ Click


中尾賞

 高血圧関連疾患モデル学会学術総会で発表された研究の中から、優れた成果を発表した

 若手研究者に対し、その将来の発展を期待する意味で賞を授与する。
 国際・国内同時開催時は日本人に限らず外国人も対象にする。

 受賞者:原則として1名(永井賞・中尾賞を隔年で授賞)
 副賞:10万円
 対象条件:トランスレーショナルリサーチ領域で優れた業績を有する45歳以下 (学会開催年度の3月31日時点で) の研究者。

 応募書類:ファイルをダウンロードして下さい→中尾賞応募書類(DOCファイル)

 過去の受賞者は→ Click


国際SHR優秀演題賞(旧 SHR学会賞)

 国際SHRシンポジウムで発表された研究の中から、優れた成果を発表した若手研究者に

 対し、その将来の発展を期待する意味で賞を授与する。

 受賞者:未定(演題数その他によって変動)
 副賞:7万円
 対象条件:40歳以下(学会開催年度の3月31日時点で)

 過去の受賞者は→ Click


Splendid basic Hypertension Research Award(略称SHR賞)

 日本高血圧学会学術総会において、本学会との合同企画として、若手による動物を用いた研究  発表に対する褒賞制度が2018年から開始された。2019年度より、これを本学会の正式な褒賞  高血圧関連疾患モデル学会賞とし、同年度の高血圧関連疾患モデル学会への参加発表の補助金  として副賞を贈呈する。
 受賞者:1名
 副賞:10万円(SHR学会への参加発表の補助金)
 対象条件:45歳以下(学会開催年度の3月31日時点)。日本高血圧学会学術総会に実験動物を用いた研究発表の抄録を提出し、高得点演題として対象企画での発表が認められた者。高血圧関連疾患モデル学会員であることは問わないが、受賞後の高血圧関連疾患モデル学会での貢献が期待できる者。
 選考者:日本高血圧学会学術総会抄録採点者、ならびに当該企画における採点者。
 備考:選考過程において問が生じた場合には、あり方委員会に対応を一任することとする。
 過去の受賞者は→ Click


梶原賞・尾崎賞

 H13(2001)年~H21(2009)年まで授与。

 過去の受賞者は→ Click