<2018年開催情報②>

第54回高血圧関連疾患モデル学会学術総会

演題募集を締め切りました。多数のご応募有難うございました。

公式ホームページが開設されました。

 

大会テーマ: モデル動物からみた高血圧関連疾患研究の復興

会長:

 

向山 政志

熊本大学大学院生命科学研究部腎臓内科学分野 教授

会期:  2018(平成30)年 12月6日(木)~7日(金)

会場:

 

KKRホテル熊本

http://www.kkr-hotel-kumamoto.com/access/index.html

学会事務局:

 

 

熊本大学大学院 生命科学研究部 腎臓内科学分野	  
担当:柿添 豊         

TEL:096-373-5164 FAX:096-366-8458 

運営事務局:

 

 

株式会社コンベンションリンケージ

TEL:092-437-4188 FAX:092-437-4182

E-mail:shr54@c-linkage.co.jp

ホームページ: http://www.c-linkage.co.jp/shr54/
演題募集期間: 6月8日(金)~ 8月31日(金) 

 

 

 

<2018年開催情報①>

第18回国際SHRシンポジウム

※第18回国際SHRシンポジウムの日程が変更になりました。

ISH2018の日程変更に伴い、国際SHRの日程が変更になりました。

※9月17日-18日→9月18日-19日

・現在演題を募集しています。<演題登録>をご覧の上、ご応募ください。

※演題締切:4月30日(月)← 演題募集は終了いたしました。

<学会概要>
   
学会名:

 

第18回国際SHRシンポジウム

 (第27回国際高血圧学会サテライトシンポジウム)

会期: 2018(平成30)年 9月18日(火)-19日(水)

テーマ:

 

Inflammation, immunity and genetics in hypertension in both humans and model animals
会長:

 

Dr. Pingjin GAO

Professor, Departement of Hypertension,RuiJin Hospital

会場:

 

Pullman Shanghai Skyway Hotel

(15 Dapu Road Huangpu District 200023 SHANGHAI CHINA)

E-mail: shr_2018@163.com

<演題登録について>

 

演題登録はメールのみ受付致します。

call for paperをご覧の上、abstractをshr_2018@163.comへメールでお送りください。  

締切は2018年4月30日(月)です。 ←終了致しました。

多数のご参加をお待ち申し上げております。

 



<関連学会開催情報>

国際高血圧学会(ISH)

第18回国際SHRシンポジウムはISHのサテライトシンポジウムとして開催されます。

第27回国際高血圧学会(ISH)は、2018年9月20日(木)~9月23日(日)の日程で中国・北京市で開催されます。



日本高血圧学会・高血圧関連疾患モデル学会合同企画企画

会期: 2018(平成30)年9月14日(金)~9月16日(日)

会長:

 

長谷部 直幸 教授

旭川医科大学 内科学講座 循環・呼吸・神経病態内科学分野

会場:

旭川市民文化会館、星野リゾートOMO7 旭川

URL:

http://www.mtoyou.jp/jsh41/

 

上記第41回日本高血圧学会総会期間中に①合同シンポジウム、②合同セッションを企画致します。

 

①日本高血圧学会・高血圧関連疾患モデル学会合同シンポジウム

 

日程: 2018(平成30)年9月14日(金)15:55~17:25
テーマ:

ゲノム編集技術の可能性:心血管疾患モデル動物への応用

座長:

 

山本 浩一 (大阪大学大学院医学系研究科 老年・総合内科学)
竹内 史比古(国立国際医療研究センター研究所遺伝子診断治療開発研究部)

演者:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真下 知士 (大阪大学大学院医学系研究科附属動物実験施設)

「ゲノム編集の最近の潮流と医学生物学への応用」

梁 一強  (国際医療研究センター研究所遺伝子診断治療開発研究部)

「ZFN法により作成したLOX-1 knockout SHRSPにおける脳卒中発症遅延とその機序の探究」
大原 浩貴 (島根大学医学部病態病理学)
「SHRSPにおけるカルシウム貯蔵センサーSTIM1の機能異常は高血圧発症に寄与するか?:ノックインSHRSPを用いた検討」
根岸 英理子(日本大学 医学部 腎臓高血圧内分泌内科)
「ゲノム編集技術ZFN法による補体C3のSHRの高血圧病態への関与の検討」

 

②日本高血圧学会・高血圧関連疾患モデル学会合同企画(合同セッション)

 

日程: 2018(平成30)年9月14日(金)9:00~12:00
座長: 永田さやか(宮崎大学医学部・内科学講座・循環体液制御学分野)

演者:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正箱 尚久(サンスター株式会社 ヘルス&ビューティー研究開発部)「米糠タンパクから同定した新規の動脈弛緩・血圧降下ペプチド」
堀内 至 (旭川医科大学 心血管再生先端医療開発講座)
「毛細血管周細胞特異的Ninjurun1欠損は血管内皮障害モデルにおいて外膜vasa vasorum形成異常と内膜肥厚をもたらす」
大江 佑治(東北大学東北メディカル・メガバンク機構母児医科学分野)
「ニコチンアミドは妊娠SLEマウスにおける腎・妊娠予後を改善させる」
松浦 託 (九州大学大学院医学研究院循環器内科学)
「妊娠高血圧腎症の既往はバソプレシン分泌を介して産後の食塩感受性を亢進させる」
王 琴  (帝京大学医学部内科学講座 腎臓内科)
「カルシニューリンはユビキチンリガーゼKelch-like 3を脱リン酸化し、その機能を制御する」


※第41回日本高血圧学会に応募された一般演題の中から演題を選定します。
※【JSH/SHR合同企画・優秀発表賞】を選定いたしますので、希望者はご応募ください。 http://www.mtoyou.jp/jsh41/oubo.html
※情報はFacebookでも発信しています。 https://www.facebook.com/jpnsh1979/