SHR開発記念碑

   岡本耕造先生ご生誕100周年ならびにSHRの先祖となったWister-Kyoto高血圧ラットを 故青木久三先生が発見されて50年の節目の年である2009年より準備を進めておりました『SHR開発記念碑』を、2010年3月27日、京都大学医学部構内F棟前(旧病理学教室)に 建立いたしました。記念碑は高さ、幅各70センチの石に、日本語・英語でラット開発の意義を 刻んでおります。お近くにお越しの際はぜひともご覧下さい。  
   
     
   
 

SHR開発記念碑『人類への贈物』

 高血圧は現代社会で最も多い病態で、三大死因の一つ、脳卒中や、 寝たきり、認知症の主要因である。ヒトと類似の高血圧、脳卒中を 自然発症する高血圧自然発症ラット(SHR)、脳卒中易発症ラット (SHRSP)は20世紀後半(1963年、1973年)岡本耕造名誉教授・青木久三博士はじめ、京都大学医学部病理学教室の多くの共同研究 者の尽力により開発された。 このモデル動物のおかげで、高血圧・ 脳卒中など成人血管病の病因、 病態解明も進み、多くの降圧剤が世界中で新たに開発され、栄養な どで脳卒中の予防が可能であることも実証された。 脳卒中を必発する遺伝子を保有していても、その遺伝子を検出し、 遺伝子の発現を制御して疾患の発症を予知し予防する、「病む人なき未来医学」の夢がここに誕生したのである。
 
2009年11月10日 岡本耕造先生生誕100年記念
京都大学医学部病理学教室 ・ 高血圧関連疾患モデル学会・
SHR等疾患モデル共同研究会・ (財)成人血管病研究振興財団・
世界健康フロンティア研究会 

 
     
   
 

"Gift for Mankind"
Exploitation of Hypertensive Rat Models

Hypertension is the most preponderate cardiovascular risk causing stroke, disability, vascular dementia, etc. Spontaneously hypertensive rats (SHR) and Stroke-prone SHR (SHRSP)were established in 1963 and 1973 at the Dept. of Pathology, Faculty of Medicine, Kyoto University, by Prof. Kozo Okamoto, Dr. Kyuzo Aoki and many devoted collaborators.
These rat models have greatly contributed to pathogenetic and pathophysiological hypertension research, the new development of various antihypertensives and the prevention of stroke and vascular diseases. 
These promising outcomes from rat models with genomes developing hypertension and stroke indicate that man can overcome cardiovascular diseases by detecting genes and controlling their expression for prediction andprevention.
This visionary concept of “predictive/preventive medicine” springs from this early research leading to “Health for All”.

On the 100 year anniversary of the birth of Kozo Okamoto,M.D., Ph.D., Nov.10, 2009
Dept.of Pathology, Faculty of Medicine, Kyoto University Society for Hypertension Research Models (Former SHR Society)
Disease Model Cooperative Research Association Japan Vascular Disease Research Foundation